安定運営を目指してネットショップ運営者が知っておくべき特商法の概要や対象となる業種

NO IMAGE

不当な取引行為を幾度も繰り返すような業者は、特商法に違反することになりますので、業務の一部停止や完全営業停止の処分を受けることもあります。

営業を続けられなくなるということは、事業継続にも密接に関わりますので、重要な処分ではあるものの違反をしないことが肝心です。
またそうした違反に関しては、会社名をオープンに公開をされてしまう処分もあります。順調な運営で事業を継続できるように、安定したネットショップを運営するためにも、特商法の概要を理解する必要があり、正しい方法で行えば何も恐れることはありません。

お金を支払いサービス利用をしたり購入をする消費者は、常に守られる立場にある必要があります。保護するための法律が日本では定められていて、それが悪質な勧誘を阻止するためにもあり、違法勧誘も防止するための特商法です。

ネットショップ運営に特商法が関係するかというとイエスであり、特商法対象の業種は大きく分けて7種類、そのうちの通販販売に当てはまります。

ちなみに特商法の対象となる7種類の業種というのは、ネットショップを含む通信販売をはじめ訪問販売、マルチ商法と呼ばれることもある連鎖販売取引もそうです。営業マンが自宅などへ訪問をして高額商品を買い取る訪問購入、例えば宝石や貴金属類などの買取などもあります。

内職商法とも呼ばれる業務提供誘引販売取引に、語学教室や結婚相談所にエステサロンなど特定継続的労務提供も特商法の対象業種です。スーパーやドラッグストアにコンビニでの買い物のスタイルはポピュラーですが、これらの形は対象ではありません。

通信販売をする際ネットショップを運営する場合、特定商取引法の概要を理解しておくことです。
氏名などのサイトへの表示は任意ではなく義務であり、事業者名やシップ運営者、住所に電話番号や連絡先も含めて、運営者情報を必ずどこかに掲載をしなければなりません。

住所全ての記載に関しては、個人事業主であっても変わりはなく、それは消費者庁よりの指示です。私書箱の住所を自宅の代わりに表示することを思いついたとしても、それは認められてはいないことから、たとえ自宅をオフィスとしての運営であっても、県のみや市町村まで出なく表示は部屋のナンバーまで必要になります。
どこを営業活動拠点をしているのか、運営サイト内への表示が必須です。

対面ではなくネット販売は直接顧客と向かい合ってのセールスではありませんが、不当に当たるような勧誘行為をネットで行うこともしてはいけません。
例えば嘘のある説明を表示したりすることであり、支払いの条件や金額に関しても嘘は禁止、誠実な表示をするのが前提です。