海外FXのハイレバレッジのメリットとデメリット

NO IMAGE

簡単にできる副業海外FXの魅力といってもいいのが、なんといっても高レバレッジでの取引です。そもそも「レバレッジ」とは、実際に入金した資金以上に高い金額でトレードが可能であるということです。

例えば、1万円入金してレバレッジが100倍だったとすると、約100万円分の取引が可能になるということです。
日本国内のFX口座は、ほとんどの会社が金融庁に登録しているため、レバレッジは25倍という制限があります。

この場合、1万円入金すれば25万円分の取引しかできないということになります。
以前にも紹介しましたが、海外FX会社の場合、例えば事務局がオーストラリアにあった場合は、オーストラリアの金融監督関連の部署に登録しています。
日本でも取引が可能な口座の場合、無許可で運営しているというよりは、海外FXの最大の売りである「高レバレッジ」を維持するために繰り返しになりますが、あえて登録していないというのが現状なのです。

高レバレッジの最大のメリットは多くの会社で400倍~2000倍のレバレッジが設定されているということです。
この場合、1万円以上あれば400万から2000万円の間で、10万円あれば4000万円から億単位以上の金額で取引をすることが可能という計算になります。

実際に数ヵ月で取引において億単位の利益を得たというとレーダーもいるそうです。そうしたメリットがある分、国内FXと異なる点は、「必要証拠金が低額」でありかつ損失分の「追証金」が必要ないということです。
その分、海外FXの場合は、口座残高がマイナスになっても損失分をカットし「0」あるいは10分の1pipsの利益となる計算です。中には、「高レバレッジ」を謳った詐欺業者も含まれている可能性があるので注意が必要です。

投資家の中には「高レバレッジでの取引は危険」という認識を持っている人もいます。
その理由は、取引のポジションや資金管理ガシッか利できていないとレーダーがいるからです。

特にチャートなどで値動きやピークボトムなどのエントリーサインなどを無視していわゆる「勘」で取引しているという人のことを意味します。
高レバレッジでの取引では、一瞬で資産を失う可能性が高くなるため、口座入金金額を低額にして高レバレッジで取引するのが望ましいでです。